-->

Windows

WSLは、基本テキストベースのCLIアプリを動かすためのものみたいで、Windowsで動くXサーバーをインストールする必要がある。
Xサーバーには、安売りしてたX410を購入した。

sudo apt install  x11-apps x11-utils x11-xserver-utils

.bashrcの最後の方にexport DISPLAY=localhost:0.0を追加する。
これで、GUIアプリが動作するようになる。

で、AzPainerをコンパイルして起動してみたら、アルファベットのところが化けてた。(^^;)
フォントが入ってないんだろうなーと思いどれだと調べてみると、

それっぽいのが・・・

sudo apt install xfonts-base xfonts-scalable

外れでしたw

ただ、説明からするとbaseはstandard fonts for Xなんで入れといてもいいだろー。

いろいろ、フォントをツッコんでいくと、

sudo apt install fonts-noto-cjk fonts-noto-color-emoji

で、表示されるようになった。そして、漢字もいわゆる中華フォントだったものも解消。

次は、日本語入力だな。

(追記)
WSL2だと、DISPLAYのところはつぎのようにする。

export DISPLAY=$(cat /etc/resolv.conf | grep nameserver | awk '{print $2}'):0.0
X Server (X410)を導入して、いい感じのターミナルでWSL2を使おう - Qiitaより

このエントリーをはてなブックマークに追加

WSL(Windows Subsystem for Linux)とは、Window10上にLinuxのAPIと互換性のあるサブシステムである。つまり、WSLを導入するとLinux用の実行ファイル(バイナリ)をWindows上でそのまま実行できるようになる。
試しにWSLにUbuntuを入れていじってみていた。本格的に使っていなかったのもあるが、日本語化されていないのも気づかずにつかっ ていたんだよねw

Xサーバと組み合わせ使おうと思ってネットを検索していたら、こんな(WSLのUbuntu環境を日本語化する:Tech TIPS - @IT)のを見つけてとりあえずやってみた。

# 2.日本語言語パックのインストール
sudo apt -y install language-pack-ja

# 3.ロケールを日本語に設定
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF8

# 4.ここでいったん終了してから、Ubuntuを再起動

# 5.タイムゾーンをJSTに設定
sudo dpkg-reconfigure tzdata

# 6.日本語マニュアルのインストール
sudo apt -y install manpages-ja manpages-ja-dev
このエントリーをはてなブックマークに追加

マルチブート環境の全OSで同じBluetoothデバイスを使う - hnwの日記

最新のmacOSでも通用するのか?と、ちょっと面倒くさいなー

このエントリーをはてなブックマークに追加

確か古いバージョンのVisual Studioでは、exeのプロジェクトでプロジェクトの依存関係を設定するだけでよかったはずなんだけど、VS2017ではそれではダメみたいだ。
ということでVS2017での方法を書く。

ソリューションには、testlibというスタティックライブラリのプロジェクトと、testというexeのプロジェクトがあって、testプロジェクトのexeにtestlibプロジェクトで生成されるライブラリをリンクしたいものとします。

ソリューションエクスプローラーでtestプロジェクトの参照を右クリックしてポップアップメニューから参照の追加を選択する。

001

参照の追加ダイアログが表示されるのでtestlibにチェックを入れてokボタンを押す。

002

これでOKだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

改行コードが CR+LF のシェルスクリプトを Cygwin で実行できるようにする。 - 量産メモ帳
export SHELLOPTS
set -o igncr

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ