並列処理を行うには、ディスパッチキュー、オペレーションキュー、Threadクラスの3種類の方法がある。
ディスパッチキュー、オペレーションキューはGrand Central Dispatch(GCD)って言うスレッドを管理する機能を使って実行する。ディスパッチキューはGCDをラップしただけのもの(と思う)で、オペレーションキューはより高機能にしたもの(と思う)だ。
Threadクラスは、まーマルチスレッドの基本的な機能を提供しているもので、ディスパッチキューやオペレーションキューの下働きを行っている。

ここでは、オペレーションキューを使う。
まずは、単純に別スレッドでなんか実行する。

        // キューを用意する。
        let queue = OperationQueue()
        // キューに処理を追加する。
        queue.addOperation {
            // ↓ 時間のかかる処理の代わり
            Thread.sleep(forTimeInterval: 10)

            print("hoge1")
        }
        print("hoge2")
        
        // キューにあるオペレーションが実行されて終わるのを待つ
        //   これはGUIアプリのメインスレッドでは使用しない方がいい
        queue.waitUntilAllOperationsAreFinished()
        print("END")

これを実行すると、こんな表示になる。

hoge2
hoge1
END

addOperationでキューに追加した処理が別スレッドで実行され、hoge2が表示されたあと、約10秒後、hoge1が表示される。

3つの処理を並列実行させてみる。

        print(Thread.current.description)

        // 3種類の処理(BlockOperation)を用意する。
        let op1 = BlockOperation {
            for i in 0..<10 {
                Thread.sleep(forTimeInterval: 1.0)
                print(Thread.current.description + ",op1,\(i)")
            }
        }
        let op2 = BlockOperation {
            for i in 0..<10 {
                Thread.sleep(forTimeInterval: 1.0)
                print(Thread.current.description + ",op2,\(i)")
            }
        }
        let op3 = BlockOperation {
            for i in 0..<10 {
                Thread.sleep(forTimeInterval: 1.0)
                print(Thread.current.description + ",op3,\(i)")
            }
        }
//        // オペレーションの依存関係を設定
//        // op1->op2->op3の順で実行されるようにする。
//        //   op2はop1が終わってから実行されるようにする。
//        op2.addDependency(op1)
//        //   op3はop2が終わってから実行されるようにする。
//        op3.addDependency(op2)
        
        // キューを用意する。
        let queue = OperationQueue()
        // キューに処理を追加する。
        queue.addOperation(op1)
        queue.addOperation(op2)
        queue.addOperation(op3)
        
        // キューにあるオペレーションが実行されて終わるのを待つ
        //   これはGUIアプリのメインスレッドでは使用しない方がいい
        queue.waitUntilAllOperationsAreFinished()

これを実行すると、3つの処理の表示が入り乱れてこんな感じに表示される。

<NSThread: 0x600000062c40>{number = 1, name = main}
<NSThread: 0x600000068280>{number = 2, name = (null)},op1,0
<NSThread: 0x60800046eac0>{number = 3, name = (null)},op3,0
<NSThread: 0x60800027ed00>{number = 4, name = (null)},op2,0
<NSThread: 0x60800046eac0>{number = 3, name = (null)},op3,1
<NSThread: 0x60800027ed00>{number = 4, name = (null)},op2,1
<NSThread: 0x600000068280>{number = 2, name = (null)},op1,1
<NSThread: 0x60800027ed00>{number = 4, name = (null)},op2,2
<NSThread: 0x60800046eac0>{number = 3, name = (null)},op3,2
<NSThread: 0x600000068280>{number = 2, name = (null)},op1,2
<NSThread: 0x60800027ed00>{number = 4, name = (null)},op2,3
<NSThread: 0x600000068280>{number = 2, name = (null)},op1,3
<NSThread: 0x60800046eac0>{number = 3, name = (null)},op3,3
<NSThread: 0x600000068280>{number = 2, name = (null)},op1,4
<NSThread: 0x60800046eac0>{number = 3, name = (null)},op3,4
<NSThread: 0x60800027ed00>{number = 4, name = (null)},op2,4
<NSThread: 0x60800027ed00>{number = 4, name = (null)},op2,5
<NSThread: 0x60800046eac0>{number = 3, name = (null)},op3,5
<NSThread: 0x600000068280>{number = 2, name = (null)},op1,5
<NSThread: 0x600000068280>{number = 2, name = (null)},op1,6
<NSThread: 0x60800046eac0>{number = 3, name = (null)},op3,6
<NSThread: 0x60800027ed00>{number = 4, name = (null)},op2,6
<NSThread: 0x60800046eac0>{number = 3, name = (null)},op3,7
<NSThread: 0x60800027ed00>{number = 4, name = (null)},op2,7
<NSThread: 0x600000068280>{number = 2, name = (null)},op1,7
<NSThread: 0x60800046eac0>{number = 3, name = (null)},op3,8
<NSThread: 0x600000068280>{number = 2, name = (null)},op1,8
<NSThread: 0x60800027ed00>{number = 4, name = (null)},op2,8
<NSThread: 0x60800027ed00>{number = 4, name = (null)},op2,9
<NSThread: 0x60800046eac0>{number = 3, name = (null)},op3,9
<NSThread: 0x600000068280>{number = 2, name = (null)},op1,9

ソースでコメントアウトしているコードで処理(オペレーション)の依存関係が設定できる。op2.addDependency(op1)でop1の処理が終わらないとop2が実行されないようになる。つまり、コメントアウトしている依存設定を有効にすると、op1の実行がおわってから、op2が実行され、op2が終わってからop3が実行される。

さて、並列処理では排他処理が必要になってくるんですが、それはまたの機会にw