新規にUWPのプロジェクトを作成し、ボタンをはっ付けてクリックイベントを用意しとく。このボタンをクリックするとHTTP通信して受信したデータをデバック出力に出力するようにする。

MainPage.xaml.csにusingを追加しておく。

using Windows.Web.Http;

クリックイベントをこんな感じにする。クリックイベントのメソッドには、asyncを付けるのをわすれないように。あと、例外処理を適当なので実際にはいい感じにしてくれ。

        private async void button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            try
            {
                Uri uri = new Uri("http://www.nifty.com");

                using (var httpClient = new HttpClient())
                {
                    using (var res = await httpClient.GetAsync(uri))
                    {
                        if (res.IsSuccessStatusCode)
                        {
                            var text = await res.Content.ReadAsStringAsync();
                            Debug.WriteLine(text);
                        }
                    }
                }
            }
            catch (Exception ex)
            {
                Debug.WriteLine(ex.Message);
            }
        }

ついでなんで、オレオレ証明書のサーバに接続できるようにする。
次のusingを追加する。

using Windows.Web.Http.Filters;
using Windows.Security.Cryptography.Certificates;

クリックイベントはこんな感じだ。あと、オレオレ証明書のサーバーはデバック用にLAN上に用意するのが普通なんで、Package.appxmanifesでプライベートネットワーク(クライアントとサーバー)にチェックを入れておく。

        private async void button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            try
            {
                Uri uri = new Uri("https://192.168.0.1");

                var filter = new HttpBaseProtocolFilter();
                filter.IgnorableServerCertificateErrors.Add(ChainValidationResult.Expired);
                filter.IgnorableServerCertificateErrors.Add(ChainValidationResult.Untrusted);
                filter.IgnorableServerCertificateErrors.Add(ChainValidationResult.InvalidName);
                using (var httpClient = new HttpClient(filter))
                {
                    using (var res = await httpClient.GetAsync(uri))
                    {
                        if (res.IsSuccessStatusCode)
                        {
                            var text = await res.Content.ReadAsStringAsync();
                            Debug.WriteLine(text);
                        }
                    }
                }
            }
            catch (Exception ex)
            {
                Debug.WriteLine(ex.Message);
            }
        }