画面遷移するとき遷移元ののView Controllerのprepareが呼び出されるのでprepareをオーバーライドしてそこで遷移後のView Controllerに渡す。

[iOS] 画面遷移に追加してみよう。ページ1のボタンを押すと、"PAGE2"ってのを渡してページ2ではラベルにその値を表示することにする。

まず、ページ2のView Controllerクラスを追加して、ストーリボードのページ2と紐付ける。
File - New - FileでCocoa Touch Classを選んでSubclassにUIViewControllerを選んでクラス名をViewController2とする。

001

ストーリボードのページ2とViewController2クラスを紐付けする。
ページ2の図の1の部分を選択。次に2の部分を選択して、ClassでViewController2を選択する。

002

ViewController2クラスに値を渡すためのプロパティを追加する。あと、viewDidLoadでラベルに値を設定するようにする。ViewController2クラスはこんな感じだ。

import UIKit

class ViewController2: UIViewController {
    @IBOutlet weak var label: UILabel!
    
    var message:String = ""

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // Do any additional setup after loading the view.
        label.text = message
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
    

    /*
    // MARK: - Navigation

    // In a storyboard-based application, you will often want to do a little preparation before navigation
    override func prepare(for segue: UIStoryboardSegue, sender: Any?) {
        // Get the new view controller using segue.destinationViewController.
        // Pass the selected object to the new view controller.
    }
    */

}

ページ1のprepareメソッドを追加してViewController2のmessageプロパティに"PAGE2"をセットする。コードはこんな感じだ。

    override func prepare(for segue: UIStoryboardSegue, sender: Any?) {
        let viewController2:ViewController2 = segue.destination as! ViewController2
        viewController2.message = "PAGE2"
    }