画面遷移をしてみる。

まず、空白のアプリのプロジェクトを用意する。
MainPageにボタンを追加。
Page2って名前の空白のページを追加する。表示した時にわかるようにTextBlockを追加してTextプロパティを"Page2"する。

MainPageのボタンのクリックイベントに次のコードを追加する。

            Frame.Navigate(typeof(Page2));

実行して、ボタンをクリックするとPage2が表示される。

Page2に値を渡したい場合は(普通渡したいよなw)、Navigateの第2引数に指定すると渡せる。

            Frame.Navigate(typeof(Page2), "ページ2");

Page2でこの値を受け取るには、OnNavigatedToをメソッドをオーバーライドする。

ここでは、渡した文字列でTextBlockにその文字列を設定するようにしてみる。

        protected override void OnNavigatedTo(NavigationEventArgs e)
        {
            if(e.Parameter is string)
            {
                textBlock.Text = e.Parameter as string;
            }
            base.OnNavigatedTo(e);
        }

今回はサンプルプログラムもアップしておくぞ。

サンプルダウンロード