イメージビューを使ってみよー

[iOS] イメージビューを使う(1)とほとんど一緒だ。

iOSのContent Modeにあたるのが、macOSではScalingになる。(設定できる項目や内容は違うが)
Scalingを"Proportionally Up or Down"にするとImage Viewのサイズが変化してもアスペクト比を維持してViewのサイズに収まるように拡縮表示される。

001

次にプログラムでイメージを読み込む場合は、こんな感じだ。

class ViewController: NSViewController {
    @IBOutlet weak var imageView: NSImageView!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // Do any additional setup after loading the view.
        imageView.image = NSImage(named: "DSC_0044.jpg")
    }

    override var representedObject: Any? {
        didSet {
        // Update the view, if already loaded.
        }
    }
}

アセットカタログに追加したイメージの場合は、"DSC_0044.jpg"のところを"Image"に変えるだけだ。Image Viewがイメージのサイズになるが。