イメージビューを使ってみよー

プロジェクトを新規作成する。

表示するイメージをプロジェクトに追加する。
プロジェクトナビゲータでプロジェクトのフォルダで右クリックして、Add File to "xxxx"を選んでイメージファイルを選択する。

001

こんな風になる。

002

Main.storyboardを開いて、Image Viewを貼る。Image Viewのアトリビュート・インスペクターを開いてimageにDSC_0044.jpg(追加したイメージのファイル名)を選んで、Content ModeにAspect Fitを設定する。

003

こんな感じになる。

004

実行すると表示される(笑)

まー、本当はプログラムで画像データを設定したいんだよなw
それをやってみる。

Image Viewのimageに設定したのを消す。
Main.storyboardを開いてViewControllerクラスにimageViewを追加する。(やり方は、[macOS] Hello World的なものに書いてある)

ViewControllerクラスをこんな風にする。

class ViewController: UIViewController {
    @IBOutlet weak var imageView: UIImageView!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        
        imageView.image = UIImage(named: "DSC_0044.jpg")
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}

次は、イメージの格納場所をアセットカタログにしてみよう。
Assets.xcassetsを選んで、アセットカタログの左下の+ボタンを押して"New Image Set"を選択する。

005

イメージをドラッグ&ドロップで1xにイメージを入れる。今回は、画面に収まるように拡大なり縮小なりして表示するんで1xだけでいいと思う。

006

アトリビュート・インスペクターでNameをImageにする。

007

ViewControllerクラスはこんな感じにする。

class ViewController: UIViewController {
    @IBOutlet weak var imageView: UIImageView!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        
        imageView.image = UIImage(named: "Image")
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}