if文

let a = 10
if a == 10 {
    println("真")
} else {
    println("偽")
}

C言語と違って、if文のあとを()で書こう必要がない。ifのあとの式は、結果Bool型かBooleanTypeプロトコルを実装したクラスのオブジェクトでないといけない。

for文

let hoge = [1, 2, 3]

// 配列一覧表示
for var i = 0; i < hoge.count; i++ {
    println(i)
}

// 他の言語であるforerach文
for i in hoge {
    println(i)
}

// Range指定でループ
// 1〜5まで表示される
for i in 1...5 {
    println(i)
}
// 1〜4まで表示される。
for i in 1..<5 {
    println(i)
}

// 辞書を一覧表示
let hoge2 = [
    "key1":1,
    "key2":2,
    "key3":3,
]
for (key, val) in hoge2 {
    println("key=\(key),val=\(val)")
}

if文と同じように()が必要ない。

while、do〜while文

var n = 1
while n < 10 {
    println(n)
    n++
}

n = 1
do {
    println(n)
    n++
} while n < 10

C言語なんかといっしょ。if文と同じように()が必要ない。

あと、switchがあるが、またこんど。