変数宣言は、

var hoge = 10
var hoge2 = "hogehoge"

とする。今時の言語に多い型推論が働いてInt型になっている。

hoge = "hogehogehoge"

を行うとエラーになる。

型を明示的に指定するには変数名の後に、:と型を書く。

var hoge3:String
var hoge4:Int

基本的なデータ型は、
符号付き整数は、Int、Int8、Int16、Int32、Int64、符号無し整数は、UInt、UInt8、UInt16、UInt32、UInt64で、Intは、32ビット環境ではInt32と同じサイズ、64ビット環境ではInt64と同じサイズになる。UIntも同様。
浮動小数点は単精度がFloat、倍精度がDoubleになる。
文字列は、String、文字はCharacterになる。
2値型は、Bool。trueかfalseをとる。

定数は、

let hoge5 = 10
let hoge6 = "hogehoge"

となる。当然、後から値を代入するコードを書くとエラーになる。データ型やデータ型を明示的に各方法は変数と同じだ。

文字列

文字列は、+によって文字列連結できる。

let hoge6 = "hogehoge"
var hoge7 = "aiueo"
var hoge8 = hoge6 + hoge7   // "hogehogeaiueo"になる
hoge8 += "123"      // "hogehogeaiueo123"になる

文字列中に\()の括弧内に式を書いておくと、その部分に式の演算結果が埋め込まれる。

let hoge5 = 10
var hoge8 = "あいうえお\(hoge5),\(hoge5 + 2)"    // "あいうえお10,12"になる。

こんな感じ。