Mac

Linux、macOSを試してみる。

[Qt] Zipファイルを扱う(Windows,VS2017)のときと同じようにQtからお手軽にZIPファイルを扱えるQuaZIPの紹介 - 理ろぐのページを参考に試してみた。

Linux

Linuxは、Ubuntu 18.04.2 LTSを使用した。

quazip-0.7.6フォルダがあるディレクトリで

mkdir build-quazip-linux-x64
cd build-quazip-linux-x64

を実行する。

そしてビルド&インストール。

qmake -r ../quazip-0.7.6/quazip/quazip.pro "PREFIX=../../quazip/linux-x64" LIBS+=-lz
make all
make install

macOS

ターミナルを起動して、Qtのqmakeのあるところにパス(うちは~/Qt/5.12.3/clang_64/bin)を通す。
quazip-0.7.6フォルダがあるディレクトリで

mkdir build-quazip-macos-x64
cd build-quazip-macos-x64

を実行する。

そしてビルド&インストール。

qmake -r ../quazip-0.7.6/quazip/quazip.pro "PREFIX=../../quazip/macos-x64" LIBS+=-lz
make all
make install

quazipフォルダができ、そこにシェアドライブラリやヘッダなんかがインストールされる。

次に参考にしたページにあった"quazip.pri"を見よう見まねでこんな感じにした。

# for quazip
QUAZIP_DIR = $${PWD}/../quazip
mingw:{
    equals(QT_ARCH, "x86_64"):{
        # 64bit
        QUAZIP_DIR = $$QUAZIP_DIR/mingw-x64
    }else{
        # 32bit
        QUAZIP_DIR = $$QUAZIP_DIR/mingw-x86
    }
} else: win32:{
    equals(QT_ARCH, "x86_64"):{
        # 64bit
        QUAZIP_DIR = $$QUAZIP_DIR/x64
    }else{
        # 32bit
        QUAZIP_DIR = $$QUAZIP_DIR/x86
    }
} else: macos: {
    QUAZIP_DIR = $$QUAZIP_DIR/macos-x64
} else: unix: {
    equals(QT_ARCH, "x86_64"):{
        # 64bit
        QUAZIP_DIR = $$QUAZIP_DIR/linux-x64
    }else{
        # 32bit
        QUAZIP_DIR = $$QUAZIP_DIR/linux-x86
    }
}

INCLUDEPATH += $$QUAZIP_DIR/include/quazip
CONFIG(debug,debug|release){
    mingw: {
        LIBS += -L$$QUAZIP_DIR/bin/ -lquazipd
    } else:win32:{
        LIBS += $$QUAZIP_DIR/bin/quazipd.lib
    }
}else{
    mingw: {
        LIBS += -L$$QUAZIP_DIR/bin/ -lquazip
    } else:win32: {
        LIBS += $$QUAZIP_DIR/bin/quazip.lib
    }
}
unix: LIBS += -L$$QUAZIP_DIR/lib/ -lquazip

# for zlib
win32: INCLUDEPATH += $$[QT_INSTALL_PREFIX]/include/QtZlib

# copy library file
win32:{
    CONFIG(debug,debug|release){
        QUAZIP_LIB_PATH=$$QUAZIP_DIR/bin/quazipd.dll
        APP_BUILD_DIR=$$shadowed($${PWD})/debug
    }else{
        win32:QUAZIP_LIB_PATH=$$QUAZIP_DIR/bin/quazip.dll
        APP_BUILD_DIR=$$shadowed($${PWD})/release
    }
    QUAZIP_LIB_PATH ~= s|/|\|gi
    APP_BUILD_DIR ~= s|/|\|gi
}else:macos:{
    QUAZIP_LIB_PATH=$$QUAZIP_DIR/lib/libquazip.*
    APP_BUILD_DIR=$$shadowed($${PWD})
}else{
    QUAZIP_LIB_PATH=$$QUAZIP_DIR/lib/libquazip.so.*
    APP_BUILD_DIR=$$shadowed($${PWD})
}
copyquazip.commands = $(COPY_DIR) $$QUAZIP_LIB_PATH $$APP_BUILD_DIR
QMAKE_EXTRA_TARGETS += copyquazip

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

マルチブート環境の全OSで同じBluetoothデバイスを使う - hnwの日記

最新のmacOSでも通用するのか?と、ちょっと面倒くさいなー

【Mac】手っ取り早くUSBメモリからUEFI起動出来るUbuntuを作る - iOSアプリ開発 POLYRHYTHM

上のリンク先に書いてある。

なるほどね〜、これいいね。
リンク先の記事にも書いてあるように、Live DVDやUSBメモリからMacを起動して入れちゃうと、
たぶん、「Macを起動するたんびにGrubが立ち上がり、ExitしないとMacOSが立ち上がらない」ってなるんだろうと思ってたんで(そうなるようだな)、それがいやで今まで試してみなかったんだよね〜。macOSでUnix的使い方(ってか、Unixだけどな)できるんであんまり必要なかったしね。

これでニコ生配信専用起動ディスク作ってみるか。Linuxでキャプチャー認識するかが問題だけどな。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

忘れんようにメモを残しておく。

SourceTree(2.7)のMac版でコミットしようとすると"ssh_askpass: exec(/usr/X11R6/bin/ssh-askpass): No such file or directory...."のようなエラーが出てコミットできない。

調べてみるとダウングレードするのがよさげとわかり、とりあえず2.6.3に落とした

ちなみにmacOS Sierra(10.12.6)で起こってて、High Sierraでも起こっているようだ。

[SRCTREE-5294] Git push to local network repository behind ssh fails - Create and track feature requests for Atlassian products.
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そー、Markdown便利なんじゃねって、今さら気がついた(^^;)

ということで、pandocってのを使って変換してみる。

homebrewを使っているとbrew install pandocってやるとインストールできる。
test.mdってMarkdownのファイルがあったら、次のようにするとhtmlファイルができる。

$ pandoc test.md -f markdown -t html -s -o test.html

-sのオプションは、ヘッダとフッタを追加するってなっている。htmlだと-sオプションを付けないで変換するとhtmlのbody部分のみが出力されて、-sを追加するとhtmlやheadやbodyタグなんかを追加したちゃんとしたhtmlファイルができる。

ブログでhtmlタグ編集に放り込むなら-sオプションなしで出力してそれをコピペすればいいな。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ