2015年07月


Addons Node.js v0.11.11 Manual & Documentation

こちらに書かれている。
けっこー、面倒くさそうだ(^^;) 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

古くなったんで、[Node.js][TypeScript] Webサーバーを作り直すw(3)に書き直した。

------- ここから下は、古いんで注意 ----------

wwwフォルダにあるファイルを返すようにしいてみた。
説明はソースのコメントにしておいたので省略(^^;)

/// <reference path="./typings/node/node-0.11.d.ts" />

import http = require('http');
import fs = require('fs');
import url = require('url');
import path = require('path');
import querystring = require('querystring');

var port = 9999;				// 待ち受けポート番号
var contentsDir = "www";		// コンテンツフォルダ
var defaultHtml = "index.html";	// ファイル名が省略された場合(ディレクトリを指定された場合)
								// 読み込むファイル名
// 拡張子とMIMEタイプの対応表
var mimeTypes = {
	".html":"text/html",
	".htm":"text/html",
	".pdf":"application/pdf",
	".js":"text/javascript",
	".zip":"application/zip",
	".mid":"audio/midi",
	".midi":"audio/midi",
	".mp2":"audio/mpeg",
	".mp3":"audio/mpeg",
	".wav":"audio/x-wav",
	".txt":"text/plain",
	".mpeg":"video/mpeg",
	".mpg":"video/mpeg",
	".css":"text/css",
	".gif":"image/gif",
	".jpg":"image/jpeg",
	".jpeg":"image/jpeg",
	".png":"image/png",
	".ico":"image/vnd.microsoft.icon",
	".mp4":"video/mp4",
	".webm":"video/webm",
	".ogg":"video/ogg",
	".mov":"video/quicktime",
	".qt":"video/quicktime",
	".avi":"video/x-msvideo",
	".doc":"application/msword",
	".xls":"application/msexcel"
}

// コンテンツフォルダのフルパスを生成
var wwwRoot = path.join(__dirname, contentsDir);
console.log("wwwRoot=" + wwwRoot);

// サーバー起動
var server = http.createServer(requestServer)
	.listen(port);

// 接続されたときに呼ばれる関数
function requestServer(req:http.ServerRequest, res:http.ServerResponse):void {
	var uri = url.parse(req.url, true);
	var contentsFile = path.join(wwwRoot, querystring.unescape(uri.pathname));
		
	// ファイルの情報を取得する。そして、コールバック関数でファイルやエラーをクライアントに返す。
	fs.stat(contentsFile, makeResponseFunc(contentsFile, res));
}

// fs.statに渡すコールバック関数を返す関数
// 	コールバック関数では、ファイルがあればファイルをエラーならエラーをクライアントに返す。
// 	ディレクトリなら、defaultHtml(index.html)のファイルを返す。
function makeResponseFunc(contentsFile:string, res:http.ServerResponse)
			:(err:NodeJS.ErrnoException, stats:fs.Stats)=>any {
	return (err, stats) => {
		if(err) {	// エラーなら、404エラーをクライアントに返す。
			console.log(err);
			responseError404(res);
			return;
		}
		console.log(path.relative(wwwRoot, contentsFile));
		if(stats.isDirectory()) {	// ディレクトリなら、defaultHtml(index.html)を追加して
									// fs.statを呼ぶ。
			var indexFile = path.join(contentsFile, defaultHtml);
			fs.stat(indexFile, makeResponseFunc(indexFile, res));
			return;
		} else if(stats.isFile()) {	// ファイルなら、ファイルを返す。
			// 拡張子からMIMEタイプを取得してヘッダに設定する。
			var extname = path.extname(contentsFile).toLocaleLowerCase();
			var mimeType = mimeTypes[extname];
			if(mimeType !== undefined) {
				res.writeHead(200, { "Content-Type" : mimeType });
			}
			// ファイルのストリームを作って、クライアントに返す。
			//		pipe()でresにデータを流すようにする。
	        // 		resはWritableインターフェイスが実装されているのでpipe()に渡すことができる。
			fs.createReadStream(contentsFile)
				.pipe(res);
		} else {	// ファイルでもディレクトリでもないなら
			// ファイルがなかったことにする。(404エラーをクライアントに返す)
			responseError404(res);
		}
	}
}

// 404エラーをクライアントに返す。
function responseError404(res:http.ServerResponse):void {
	res.writeHead(404, { "Content-Type":"text/plain" });
	res.write("404 Not Found.\n");
	res.end();
}


ファイルを読み書きするには、"fs"モジュールが必要になるので、requireで読み込む。

import fs = require("fs");

同期読み込みは、

// 同期読み込み
var buf = fs.readFileSync("hoge.txt");
var str = buf.toString();
console.log(str);

だ。

非同期読み込みは、

// 非同期読み込み
var buf = fs.readFile("hoge.txt", (err, data) => {
        if(err) {
                console.log(err);
                return;
        }
        var str = data.toString();
        console.log(str);
});

だ。

非同期では、読み込みが完了orエラーになった時の処理する関数を与えてそこで読み込み後の処理を行うようにすればよい。



古くなったんで、[Node.js][TypeScript] Webサーバーを作り直すw(1)に書き直した。

------- ここから下は、古いんで注意 ----------

TypeScriptを使おうと思うので、tsdを使ってNode.jsの型定義ファイルを取得しておく。([Node.js] TypeScriptをインストール(OS X) (追記)の方法で古いバージョンを取得しているものとする)

まっ、簡単なWebサーバーみたいなのを書いてみる。webserver.tsで保存する。

/// <reference path="./typings/node/node-0.11.d.ts" />
// 簡単なWebサーバーだ(よく、サンプルとしてあるやつ)

import http = require('http');	// (1)
var server = http.createServer((req, res):void => {
	res.writeHead(200, { "Content-Type": "text/plain" });
	res.write("Hello World!!\n");
	res.end();
});	// (2)
server.listen(9999);	// (3)

tsconfig.jsonはこんな感じ。

{
	"compilerOptions": {
		"module": "commonjs",
		"target": "es5"
	},
	"files":[
		"./webserver.ts"
	]
}

これをtscでコンパイルして、nodeで実行する。

$ tsc
$ node ./webserver.js

Webブラウザでhttp://localhost:9999/にアクセスすると"Hello World!!"と表示される。

簡単なソースの説明
(1)で"http"のモジュールを読み込む。
(2)でhttpサーバーを生成。このWebサーバにアクセスした時に実行される関数をわたす。
関数の内容は、plainテキストでHello World!!を返す処理になっている。
(3)でポート番号9999で待ち受ける。



↑このページのトップヘ