XAMLデザイナーがエラーで開けなくなったら、Visual StudioのCacheをクリアしてみる。 - Qiita

Visual Studio 2015だと、
C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Microsoft\VisualStudio\14.0\Designer\ShadowCache
だ。
もののみごとに、これが効いた(^^;)